読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Travel Diaries:タカのアメリカ横断旅行日記

"Let's travel across America !?" "Ok" と言った後の話。アメリカ大陸横断旅行を中心に、海外での経験談やプチ情報を掲載予定

日本出国

日本出国

旅のエキスパートでもないのでわからないのだが、国際航空券を買うのは火曜水曜がベターなのではないかと思っている私、タカ。
今回記すのは、日本からバンクーバーまでの出国編。

 

日本脱出

航空券の経路は羽田~北京~バンクーバー
航空会社はエアチャイナ。もちろんエコノミー。
が、運よく羽田からの飛行機が遅延の為、一便早いものに振り替え。
カウンターにて、
「申し訳ございませんが、ビジネスクラスでのご案内になってしまってもよろしいでしょうか」
ってもちろんよろしいです。追加料金なし。
初めてのビジネスクラスに映画「みんな~やってるか」のダンカンを想像しつつウキウキな気分に(あれはファーストクラスかな)。
機内に乗り込み座席につくなり、その広さに感激。スッチーは「Mr. タカ?」と名前で呼んでくる。そしてドリンクのサービス。飛ぶ前から一杯飲む?って気前がいい。さすがにダンカンにはなれないようだがいい気持ち。さらには朝食がうまい。
そうしてすぐ着いちゃった、北京に。まあたったの数時間だから仕方ない。

ビジネスからエコノミーへの落差

その後、北京からバンクーバーへ、ロングフライトでエコノミー。ビジネスを経験した直後からか、やたらと狭く感じる。
スッチーは到着までこれでもかというくらい中国語で話しかけてくる。
隣のおばちゃんは太ももが少し太め、故に脚を終始開きっぱ。
つまりは俺の脚は閉じっぱ。
後ろに座るおじちゃんはたんを切ってばっか。
おさまるやイビキをかきっぱ。
座席テレビのスクリーンはフリーズを繰り返しっぱ。
機内では数人の子供たちがしっかりと順番に泣いている。

これが中国だといわんばかりのエンターテイメント性。カナダ上空で魅力的な国だという思いに浸る。
そんなこんなでバンクーバー空港に到着。
あー、また本当に帰ってきちゃったなと思いながらイミグレへ。別室に通され揉めることに。


次回は揉めた理由と友人との再会について。

[http://にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村:title]

写真はビジネスクラス機内食

f:id:Taka-goes-stir-crazy:20160921001320j:plain

[http:// :title]