Travel Diaries:タカのアメリカ横断旅行日記

"Let's travel across America !?" "Ok" と言った後の話。アメリカ大陸横断旅行を中心に、海外での経験談やプチ情報を掲載予定

バンクーバー2日目

いつなん時誰からの挑戦でも受けられるように、常に爪の長さに気を使っている私、タカ。
今回はバンクーバー2日目の出来事を記す。

 

再会


久々の英語のシャワーと初日から飛ばした感があったせいか、前日はぐっすり眠れた。
約2年前、俺はこのホステルに半年以上長期滞在していたのだが、その際に出会った数人の長期滞在者にまた会うことができた。ある人から見ればろくでもない連中かもしれないが、俺にとっては仲間であり、同じろくでもない者同士。
でもやっぱり、、普通ではない人達かな。自分の正直さ加減がつくづく嫌になる。
ともかく、数人のメンツと久々の再会。
ノスタルジックに浸っていたら、同ホステルの従業員の一人 "ヘク" とも2年ぶりの再会。ヘクとは飯を幾度となくシェアし、俺が帰国する際は固い握手を交わし再会を誓った程だ。
彼と眼が合い、ヘクが言う、

" Ah~, what is your name?"

真顔だ。


思い出は友情を美化する。


ろくでもねぇ奴だなぁ、と愚痴りながらも " WTF!? " と笑いながらつぶやき彼と握手。
ともあれ証明された俺の能力。
" what is your name? " を聞きとることのできる英語力を手に入れ、さらには、表情から人の思いを読み取れるようになった。ワンアップしたのかな。

そう考えていたら腹が減ってきた。

おすすめの店

ホステル近くのライスバーガーショップへ向かう。

ここのライスバーガーは俺の好物であり、常連客として足しげく通っていた。当時、同店主夫妻もよく俺に話しかけてきてくれた。

夫妻との再会。
まさかと思ったが、彼らは俺のことを良く覚えてくれていた。
そして旅の為にここバンクーバーに帰ってきたことを伝えると、

ライスバーガーをタダでくれた。

$7得した!!

こんなにうれしいことはない。金が全てではないが。

俺のろくでもなさが露呈したかもしれないが、そのバーガーをテイクアウトしホステルに戻り、ヘクを横目に食べ始める。

街情報

その後、カフェでまったり。
ここバンクーバーには雰囲気の良いカフェが数多く集まる。
俺の好きなカフェは、" Caffe Artigiano "
カルガリー発祥のカフェ。赤を基調とする店内の塗装とレトロな雰囲気が非常に心地良い。
続けてお気に入りのトイレ。パブリックライブラリーの地下
今回もしっかり一発マーキングしてきた。安定感のある比較的きれいなトイレだ。

そうして夜はサブウェイを頬張る。
これからほぼ毎日サブウェイのお世話になるかもと思うとげんなり。
そんなこんなで2日目終了。

 

ワンポイント英語

今回のキーワードは、"stingy"
急に何それといった感じかもしれないが、NHKBSの英語の勉強チャンネルって感じで格好いいかなと。

因みに、ライスバーガーのお店は、"KOBOB Burger"
ご飯が恋しくなったらおすすめです。

[http://にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村:title]

写真はよく行っていた " Caffe Artigiano "(飲みかけラテ、冬)
雰囲気最高よ

f:id:Taka-goes-stir-crazy:20160924020329j:plain

[http://
カナダ旅行 ブログランキングへ:title]