読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Travel Diaries:タカのアメリカ横断旅行日記

"Let's travel across America !?" "Ok" と言った後の話。アメリカ大陸横断旅行を中心に、海外での経験談やプチ情報を掲載予定

アメリカへ行くちょい前

バンクーバー

先日TOEICの試験を受けている最中に、問題形式が少し変わったことに気がついた私、タカ。しかもリスニング問題、パート3の選択肢を縦に見ていくのではなく、ジグザグに読み、やけに難しくなったなぁと感嘆。後半は腹痛との戦いに手に汗握る展開に。しかしよくあんな問題数こなせる奴がいるもんだなぁと。普通に解いて時間内に全て終わる人が問題解いてる動画とかないかな。見てみたい。

 

ということでバンクーバー3日目

本来なら4日間はバンクーバーに滞在予定だったが、Gがなる早で旅立ちたいと聞かない。俺はもっとゆっくりしたいのに面倒くせぇ奴だなと思いながら渋々承諾。

この時、旅の途中でお互い別々の道を行くことになるかもと思ったことを覚えている。正直、二人っきりでずっと一緒というのはつらいかも、とバンクーバー空港到着時から感じていた。

旧友との再会

朝、ホステルで日本人の女の子に遭遇。彼女はワーホリでカナダに来たばかりで、もうすぐホステルからシェアハウスに移るらしい。彼女を通して過去の出来事を思い出していたら、2年前に知り合ったカナディアンと再会。
なにか様子が変。話しているのに目が遠くを見ている。明らかにお薬の摂取量を間違えた感があった。以前一度、薬となぜか肉から身を遠ざけ、ベジタリアン的な健康志向になったはずであった同い年の彼は、、彼に会いたかった。
中毒性は低いといわれているものであっても、次のステップに昇る為のハードルを低くしていることに間違いはない。特に精神的に弱まったりしているときは。

A&W

そして、以前のホステル友達「カール」とも再会。年は50前後、元語学学校教師(ESL)でいろいろな国を放浪し、故郷のカナダに2年前に帰国。その際に出会った。

彼は俺にも分かりやすい英語で話をしてくれる。さすがは英語教師。人格もすばらしいが、ちと自由過ぎる面がある。現在は自由を求めトレーラーハウスに住んでいる。話しをしながらハンバーガーチェーン、みんな大好きA&Wに向かう。俺にとってはカナダのモスバーガーだと思ってやまないのだが、久々に食べて思ったのは、、
圧倒的にモスのほうがうまい。
まあ前に食べた時は、魔法にかかっていたのかな。しかしマズい訳ではないのでおすすめのファーストフードに変わりはない。お試しあれ。

カールとホステルに戻り、今回の旅の話しをする。Gのもつ2ドアのミニバンで寝泊まりをすることを伝えると、

"アンビリバボー"

とのこと。

狭くて気がおかしくなるぞと言われ、テントを持っていくことを強く勧められる。
そしてたまたまホステルに旅人の置いていった1~2人用のテントが。それを無料でゲットし、今回の旅に持っていくことにした。

Reply

そのことをGにメールで伝えると、
快適故に、そんなものは絶対に不要だと。
相当自分の車のカスタマイズに自信があるらしいが、カール同様、俺が思ったのは、

はたしてマッチョなGの隣で一カ月近く寝られるのか。

無理だろ。

テントはタダでもらったし、そんなに大きくはないので車に積めるはず、とメールし彼の到着を待つ。
この判断が後の俺の健康に大きな影響を及ぼすことになる。

以上で今回は終了。次回はアメリカへ突入。

今日のワンポイント英単語

今回のキーワードは、

" claustrophabia "

この旅、北アメリカに来てはじめて覚えた英単語。

[http://にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村:title]

写真は、" TACOFINO " というメキシカンフードのお店。キャベツの下に白身魚のフライが入っている。お薦めのお店。
あ、この店でのドイツ人とのエピソードについて次回書こうかな。

f:id:Taka-goes-stir-crazy:20160927010229j:plain

 

[http://
カナダ旅行 ブログランキングへ:title]