読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Travel Diaries:タカのアメリカ横断旅行日記

"Let's travel across America !?" "Ok" と言った後の話。アメリカ大陸横断旅行を中心に、海外での経験談やプチ情報を掲載予定

ナショナルパークでキャンプ ~満点の星空の下、遠吠えを聞き興奮~ サウスダコタのどこか

ガッキーちょうかわいい。ブログなんて書いてられないわ

ということで、SEO対策なんてくそくらえといった感じで書き始めた今この瞬間。なんてこったと感じたマウント・ラシュモアでの気持ちと同じ感覚をもちながら、落ち着いて書いていこうと思う。

しかし、まあガッキーすげえな。

 

今回は、

taka-travel-diary.hatenablog.com

 からの続き。

マウント・ラシュモアから街のコインランドリー、そして荒野でのキャンプについて綴る。

 

荒野が続く バッドランズ国立公園付近

コインランドリーとガンショップをあとにした我々は、ルート90を東へ進むことに。

ただもうすでに夕方近く。そのため、この日はあまり先へは進めない。フリーキャンピングサイトを携帯で検索し、近場のフリーサイトへ。

夏ということで日が沈むのが遅い。

我々は日暮れ前にはそこへ到達できるだろうと高をくくっていた。

 

荒野に囲まれた道をひた走るものの、いつまで経ってもフリーサイトに着かない。

Gの携帯のGPSは、毎度のごとくのセリフ、

 

" GPS signal lost !! "

 

を繰り返し、

それに呼応して友人Gが、

 

「シャラップ マザーファッカー!! ピース オブ シット!!」

 

と。

僕は静かに、座っていた。

 

日が暮れちゃった

いよいよ日が暮れると思われた時に、ようやくサイトを発見。

が、もうそこはただの荒野と化していた。

Gが携帯で検索し直すと、そこのサイトについての口コミ記述が、数年前を最後に途絶えていた、ということが判明。仕方なく、やや離れたフリーキャンピングサイトへ向かう。

暗闇が支配するなか、周囲に大して道がなく、一本道が続く。

そのため、何百メートル先をゆく車の光が見えるのみ。しかもずっと同じ車。どうやら行き先も同じらしい。

夜になると、車のヘッドライトを目がけて大量の虫がぶつかってくる。道も舗装されていなくGのお気に入りのポドキャスト、「世界の犯罪史」もあまり聞こえない。

普通ならここで聞くのを諦めるところだが、そこはG。耳を切り裂くような爆音で、世界の犯罪者についてのストーリーを聞き始めた。

 

だだっ広いキャンピングサイトへ到着 

ようやくサイトへ到着。そこには多くの人々がすでに陣取っていた。半数以上はもう眠っているようだ。夜ごはんを作る前に、それぞれの寝床の準備を開始。

Gが車で寝、俺はテントで寝る。

狭い空間での車中泊をしなくていい、猛獣もいないストレスフリーな環境にテンションがあがる。

その時ふと顔をあげると、今までに見たことのないような満点な星空が広がっていた。荒野のため星空を遮るものがない。あんなに爽快な景色、天の川を見たのは初めてだった。

二人とも感動していると、何かが頻繁に足に当たってくることに気がつく。

" black fly "

ブヨである。

" gnat " ともいうらしい。

再びバグスプレーが役に立つ。

 

以前、下記記事の中で綴った、川沿いで大量の蚊に遭遇したときが思い出されたが、幸いにもそこまでひどくはなかった。

 

taka-travel-diary.hatenablog.com

 

歓迎の歌声

クッキングを終え、飯を食べ始めた直後、突然の遠吠えが。

しかも一体ではなくあきらかに複数。けっこうな頭数がいたと思われた。

遠吠えの主は、コヨーテ

コヨーテは人を襲うことはないが、犬などのペットを襲ったりする。

近くにいた犬が威嚇し、必死に吠えていた。

 

彼らの頭の良さ

コヨーテについてのストーリーをGが話してくれた。

彼らはオオカミよりは小さく、基本群れで行動し、頭脳明晰。集団で狩りをする。

小動物を捕食し、人を襲うことはないが、残飯などを狙って食べたりする。

 

Gが言うには、コヨーテのメスが犬を交尾に導こうと誘惑し、油断したその犬を、隠れていた仲間が集団で襲う、という逸話を俺に紹介してくれた。

タカ訳なので、、間違ってるかも。

 

ということでこの夜、食べ物はなるべく車の中にしまい寝ることに。夏にもかかわらず、内陸の荒野の夜の寒さに耐えながら夜を明かすこととなった。

 

今日の覚えたい英語

" coyote

「ケイヨーテ」みたいに発音するとこがおもしろいなと。

[http://にほんブログ村 旅行ブログ 大陸横断・大陸縦断へ
にほんブログ村:title]

 

写真は、到着の次の日に撮影したもの。俺のテントよりも明らかに立派なテントをさも俺の的な感じで撮ってみちゃいました。失礼。

f:id:Taka-goes-stir-crazy:20161102004127j:plain

次回は、野生動物とダイナミックな景色がお出迎え。

[http://
海外旅行(アメリカ) ブログランキングへ:title]